お金を借りたい

今すぐにお金を借りたいならどこがいいの?

「今月、飲み会が重なって、ピンチ」とか「保険の支払い期限が明日なのに、お金がない」とか、「急に転勤になってお金が必要」とか。日々生活していると、急にお金が必要になることって、ありますよね。そんな時、お金を借りるならどこがいいでしょうか。
こうした疑問について、普段から知識を蓄えておくことは、生活の知恵の一つとして、大事なことかもしれませんね。

 

やはり、このような日常的にある緊急的なピンチの時には消費者金融が活躍するでしょう。
もちろん、銀行のカードローンも最近人気があり、便利な機能が揃ってはいますが、即日融資のある消費者金融は、緊急的なお金の工面には、最適なサービスといえます。

 

しかし、もし緊急的ではなく、長期的な展望で、多額の借金をしたいのであれば銀行のローンがお勧めです。この場合にはカードローンではなく、住宅ローンや教育ローンなど、具体的に使用用途が指定されているものがよいでしょう。
こうしたローンの多くは、担保などを設定すると、更に低金利での借入が可能になります。また、こうしたローンは、審査には非常に時間が掛かるので、余裕を持っての申込が良いでしょう。

 

裏技的な借入方法としては、クレジットカードを利用する方法もあります。多額の借金には向いていませんが、10万円から20万円位の借入であれば、クレジットカードのキャッシングローン機能での対応ができます。これであれば、わざわざ消費者金融や銀行のカードローンに申込をしなくても、クレジットカードをすでに持っていれば、すぐお金を借りることができます。しかし、返済の際には、ショッピングローンとは違って、1日目から利子が発生するので、ご注意ください。

 

消費者金融と聞くと・・・

皆さんは、消費者金融と聞くとどんなイメージが浮かびますか?
今までに一度も利用した事がない方にとっては特に、ちょっと怖い感じがするかもしれませんね。昔はマチ金、サラ金なんていわれていたくらいですから。
しかし、最近の消費者金融は全然そんなことはないのですよ。利用者の年齢層も、学生から熟年者までと幅広く、またアルバイトでもパートでも簡単に利用できるシステムになっています。
暮らしの中でのちょっとしたお金のピンチの時には、必ず役に立つのが消費者金融なのです。なぜなら、消費者金融には即日融資システムがあり、急な出費を要するときでも、すぐに融資が受けられるからなのです。

 

お金を借りるとなると、よく比較されるのが、消費者金融のキャッシングローンか、銀行のカードローンです。
銀行のカードローンのメリットといえば、高額の利用限度額が設定できることと、銀行の低金利でのローンの利用が可能なところです。
総量規制という法律によって、消費者金融のキャッシングローンの利用限度額には年収制限が課せられるようになりました。総量規制が制定された2006年以降、消費者金融の利用限度額の引き上げは実質不可能になってしまい、借りたくても借りられない状況に陥る人々が後を絶ちませんでした。
そこで注目され活性化されてきたのが、銀行のカードローンです。このサービスは消費者金融のキャッシングローンと同じように限度額内で何度でも借入ができ、しかも総量規制の対象外となるため、年収による利用限度額の制限がないので、高額の限度額の設定が可能となっています。
しかし、このローンを利用するためには、審査に通過しなくてはならないのですが、この審査の通過が非常に難しいのです。そして、審査には長い時間が必要となるので、多くの場合はすぐに融資金を受け取ることができません。ですので、お金が必要となったその時に申し込んでも遅いのです。
お金が必要な時に、借入をすることができなければ、せっかく申し込んでも意味がありません。

 

では消費者金融のキャッシングローンはどうでしょう。
消費者金融のキャッシングローンのメリットは、なんといってもスピーディーなサービスです。大手といわれる代表的な企業のほとんどが即日融資を可能としています。また、申込方法から審査、そして返済の仕方に至るまで、手軽で簡単にお金を借りることができる仕組みになっています。
例えば、申込方法ですが、多くの企業では、無人契約機を設置しています。無人契約機が見つからなかったりした場合には電話での対応が可能になっています。また最近では、インターネットでの申込を可能としている企業がほとんどで、このサービスを利用する方も増えています。
審査時間は、業界最速時間が30分となっています。ですので、審査の結果はすぐにわかり、多くの場合14時までに契約が済めば、即日振込や即日融資が可能になっています。
利子が高めとの印象のある消費者金融ですが、最近では無利息ローンなどのシステムもあり、できるだけ安くサービスが利用できるようになっており、益々利用しやすくなっています。
では、以下にいくつかの代表的な企業を紹介しましょう。

 

業界最大手といわれ、シェア率ナンバー1といえば、アコムです。
アコムは「むじんくん」でも有名ですが、この「むじんくん」は実は無人契約機の第1号なのです。もちろん、即日融資も可能です。また、申込方法に関しても、「むじんくん」だけでなく、インターネットでの申込もできるようになっています。さらに、初めての利用者限定で、無利息ローンを行っています。このサービスを利用すると、30日以内に返済できた分は全て無利子になります。「給料日まで後少し」のピンチの時には、重宝すること間違いなしのシステムです。
また、全てのサービスが、アコムとよく似ていて、しかも金利が少し安いのが、プロミスです。
アコムの金利が4.7%〜18.0%なのに対し、プロミスは4.5%〜17.8%となっています。プロミスにおいても、インターネットでの申込も可能で、無利息ローンのサービスも行っています。
それから、アイフルのコマーシャルもよく目にしますが、アイフルの無人契約機はアコムやプロミスほど多くはありません。しかし、その分電話でオペレーターと直接やり取りをしながら申込むことも可能です。
最後に上げるモビットですが、こちらの最大の特徴は「WEB完結型申込サービス」です。これは2012年に業界初の試みとして開発された当時としては画期的なサービスです。申込だけでなく、借入の申請も、返済の手続きも全てにおいてネット上で完了することができるようになっています。ですので、煩わしい郵便物や電話でのやり取りも必要なく、スピーディーに、そして手軽にお金を借りることがでくサービスなのです。ちなみに、アイフルとモビットには無利息ローンサービスはありません。

 

以上のようにそれぞれに、様々な便利な機能のある消費者金融ですが、各消費者金融では、即日融資が可能です。どの消費者金融も審査時間と融資のスピードには定評のある企業ばかりです。
日常的にお金を借りたいと思う時とは、いつも突然やってきて、その工面にも急を要することが多いものです。そんな時に必ず役に立つのが、即日融資のサービスなのです。

 

最後に注意点として、消費者金融では、多額の借金をすることには向いていませんので、お金を借りる際には必要最低限の金額にすることをお勧めいたします。
確かに手軽で簡単にお金を借りることができる消費者金融ではありますが、借りすぎてしまっては、トラブルの元です。気づけば、利子は高額に膨れ上がり、利子の返済だけで手いっぱいとなり、元金がいつまで経っても減らないことにもなり兼ねないのです。
ですので、臨時に収入が入ったら、優先的にまず返済してしまうほうがよいでしょう。また、返済計画には、決して無理のないプランを立てましょう。無理な返済プランを立てて、やっぱり返せなくなってしまっては元も子もありません。
消費者金融は、本来非常に便利なサービス機関です。しかし利用方法を間違ってしまうと、人生を狂わせてしまうこともあります。ですので、ご利用の際には、正しい知識を持って上手く利用して下さい。